公社の概要・沿革

昭和60年 3月 「財団法人徳島市住宅公園緑地管理公社」として、徳島市の出捐を受け設立
・市営住宅の管理
・公園緑地及び街路樹の管理に関する事業
・海水浴場の開設に関する事業
基本財産 500万円
住 所 徳島市中洲町1丁目18番地
平成7年  3月 公園を徳島市公園緑地課管理と公社管理に分割 公社管理公園59箇所
平成9年  4月 住宅維持係が住宅課に移管され、名称を「財団法人公園緑地管理公社」に変更
平成10年 3月 事務所を北佐古1番町1−10に移転
平成11年 7月 小松海水浴場開設
平成18年 4月 徳島市が指定管理者制度開始
1年間指定管理者として選定される。
平成19年 4月 3年間徳島市都市公園105施設指定管理者として選定される。
平成22年 4月 5年間徳島市都市公園111施設の指定管理者として選定される。
眉山公園・西部公園・阿波史跡公園が追加
公社ホームページ開始
平成23年 5月 基本財産を500万円追加することを評議員会及び理事会で決定。
7月 基本財産を1000万円とする。これにより徳島市との出資比率が50%となる。
11月 徳島県に公益財団法人への移行認定申請書提出
平成24年 9月 徳島県公益認定等審議会より公益認定適合の答申が出る。
平成25年 3月 徳島県より公益認定を受ける。
4月 「公益財団法人徳島市公園緑地管理公社」に移行

ページの先頭へ